ヘアカラーの仕組み

今回はヘアカラーの仕組みについてわっかりやすく書いていきます。

なんで髪の毛は染まるのか?

イメージしてください。

黒色の絵具に赤色の絵具を混ぜると何色になるでしょうか?黒色は色の中でも極端に強い色なので、赤や青や緑などを混ぜても黒色からは変わりません。

答えは

「あれ?髪の毛って黒色ですよね?」

黒色です、ではなんで色が入るの?

それは黒色を抜きながら希望の色を入れていくから。いわゆる漂白です。

べたっと塗っているカラー剤が【漂白】と【色を入れる作業】を同時にしてくれてるっちゅーわけですわ!

一気に明るくするために漂白だけを極端に強くしたものがブリーチと呼ばれるものです!

「なるほど」

ここで一つ覚えて欲しいことがあります。

髪の毛によっては、なかなか漂白が上手くできない場合があるということ!

たとえば、

髪の毛が硬くて太い毛の場合はなかなか色が抜けにくかったりします。(実際に髪の毛を見てみないと一概には言えませんが、わかりやすく例にしました)

硬くて太い毛などの漂白が上手くできない髪の毛の場合、明るくしたくても一回でグッと明るくならなかったり、日本人特有の赤味が残ってしまったりします。その分、カラーをする回数が多くなってしまったり費用もかかったり、、

どれだけ薬品が良くなってきているとは言え、そこはまだまだ難しいところがあります。美容師は常に勉強していて、いろんな薬剤を扱っています。

やりたい髪の色を伝えて、何回カラーするべきなのか、ブリーチは必要なのか、長い目で見て考えていくのか、

様々なことを考えて、しっかり相談して決めてったらOK牧場です。

Copyright© VIDEO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.